石川工務店

そよ風とは

ソーラーシステム《そよ風》は金属屋根の裏側に空気を通して、熱交換した新鮮空気を家の中に取込み、冬は家の中を暖かく、夏は涼しくする換気システムです。

fuyu

冬の温風取入運転

冬の朝、日射がある日には屋根面に太陽が当たり、軒先から入った空気は徐々に温度を上げながら棟に向かって上昇していきます。棟温度が所定の温度に達すると、メインチャンバー切替ユニット及びリターン口のダンパーが室内側に開いて、取入ファンが回り、温風の取入れが始まります。取入れられた温風は、床下のコンクリートに蓄熱されるとともに、家の隅々まで行き渡ります。

 

冬の暖房循環運転

冬の季節、一般の住宅では日射がなくなると室内は急に冷えてきますが、《そよ風》の住宅では床下の蓄熱コンクリートからの輻射熱があるため室内の低減は抑えられます。日射がなくなると、ダンパー付リターン口は室内側を閉じて、室内や床下の熱が外に逃げるのを防ぎます。日射が足りなくて寒い昼間や蓄熱が足りない夜には、補助暖房を利用しますが、《そよ風》で暖房循環運転をすると、補助暖房の熱を室内全体に行き渡らせることができます。補助暖房はストーブ、温水ボイラー、エアコンなど様々な暖房器具が利用できます。

natu

夏の排気・冷風循環運転

夏の日中、屋根は高温になります。メインチャンバー切替ユニットは室内側が閉じており、不要な熱い空気を室内に取込まず、屋根の上で排気するため、従来の空気集熱式ソーラーハウスに比べ、《そよ風》の住宅は小屋裏が熱くならずに済みます。熱い空気を捨てる前に、不凍液で熱交換して風呂や台所で利用するお湯を採ることも可能です。上の図は暑い夏の日中に、屋根上で排気をしながら、室内ではエアコンを利用した冷風循環運転をしている様子です。循環運転でエアコンを利用すると、涼しさを家全体に広げることができます。床下の涼しさも利用するので、小さなエアコンでも効果的です。

 

夏の涼風取入運転

夏の朝、戸外にとめた車の屋根がびっしりと露で濡れていることがありますが、これは放射冷却現象によるものです。車の屋根が周囲の空気温度よりはるかに冷たくなることで起こる現象です。
《そよ風》は夏の夜、放射冷却現象で冷たくなった金属屋根の裏側に外気を通して、屋内に取込みます。ガラス無し集熱面では、さらに冷却効果が高まります。また、採熱板がさらに効率良く涼風をつくります。上の図は、軒先から取入れられた外気が屋根面で冷やされ、その涼しい空気が床下コンクリートに蓄冷されながら、家の隅々に行き渡る様子を示しています。涼風取入運転によって、次の朝、高原のさわやかさを感じることができます。

 

そよ風の特徴

1 システムがシンプルでリーズナブル
ソーラーシステム《そよ風》の部材はたいへんシンプルにできています。かさばらず小屋裏空間が広く利用できます。また家の規模によって、機材・部材の組合せを変えることができるため、費用もたいへん経済的です。

 

2 設置計画や施工が簡単
ソーラーシステム《そよ風》は小型軽量部材の組合せによって構成されているため、配置計画や施工が簡単です。初めての工務店でも安心して施工ができます。

 

3 メンテナンス・機材交換が簡単
工夫を凝らした機材設計により、メンテナンスや機材交換が簡単です。

 

4 夏に室内が熱くならない
従来の空気集熱式ソーラーシステムでは、夏の排気を屋内にあるファンボックスを通して行うため、夏に室内が暑くなります。ソーラーシステム《そよ風》は、夏の日中の排気を屋根の上で行う構造のため、夏季、室内が暑くなることがありません。小屋裏も部屋として利用することができます。

 

5 家中の温度を平準化できる循環機能
温風・涼風の取入れ時以外、循環機能を働かせることができます。この循環機能により、夏冬を問わず、家中の温度差をなくすことができます。

 

6 ガラスのいらない集熱屋根
採熱板を利用することで集熱屋根のガラスを省くこともできます。そのため施工やメンテナンスが非常に簡単・安全です。

 

7 暖房・涼風・循環・お湯採りができる
ソーラーシステム《そよ風》は暖房・涼風・循環の機能が標準で付いています。さらにオプションでお湯採り・補助暖房機能を設けることが可能です。

 

8 温度データやCO2削減量が記録できる
ソーラーシステム《そよ風》では各種温度センサーの温度や運転モード、集熱量やCO2削減量などのデータを記録しています。これらのデータはご家庭のパソコンで閲覧が可能です。

当社はJIO登録ビルダーです

JAPAN HOME SHIELD

石川工務店
Copyright© 2013 石川工務店|西条・新居浜・今治の新築注文住宅、リフォームのことなら石川工務店 All Rights Reserved.